ジャズ理論クラス

各コースにつき6回講座 90分/1回
月2回、受講者の都合もできる限り考慮しながら次回を決めます
受講料¥30,000(税込み)/1コースにつき    
(zing music lab.会員は¥25,000)
*一括でのお支払いになります。
*受講には五線紙と筆記用具をご持参ジサンください。

<基礎コース>
ジャズ、ポップス他音楽ジャンル関係なく、楽器、歌関係なく、全てのミュージシャン に共通で必要最低限の知識、 いわゆる「音楽通論」。 とジャズ理論への導入。
*主な内容
 ・Major Scale(長音階)とMajor Key(長調)
 ・Cycle of 5th(5度圏)とMajor Scale(長音階)とKey Signature(調号)との関係
 ・Intervals(音程)とLow Interval Limit
 ・Chordの種類とその構成音→コード表作成
 ・Major KeyにおけるDiatonic Chord〜主要三和音〜カデンツ
 ・Diatonic内での代理〜Diatonic内でのリハーモナイズ

<コード進行コース>
コード進行がどんな理論でできているのか分析できたり、元のコードを変えたり(リハーモナイズ)、作曲の ためのコード付けに役立ちます。
*主な内容
 ・基礎コース事項の確認・復習
 ・II-V
 ・Secondary Dominant
 ・subV's(裏コード)
 ・Diminish Chord
 ・Line Cliché
 ・Minor Scale(短音階)3種類とMinor Key(短調)
 ・Minor KeyにおけるDiatonic Chord
 ・Modal Interchange〜Sub Dominant Minor
 ・Bluesのコード進行とRhythm Changeのコード進行

<コードスケールコース>
アドリブやアレンジを手助けするための武器になります。
*主な内容
 ・基礎コース事項の確認・復習
 ・Approach Note〜Scale Approach/Chromatic Approach
 ・Tension
 ・Church Mode(教会旋法)とDiatonic Chordの関係
 ・Chord Scale〜そのKeyのその曲のそのコードでどんなスケールが使える?
 ・Avoid Note
 ・その他Dominant7th Chordで使用できるScaleいろいろ 
  (Whole Tone Scale、Altered Scale、Combination of Diminished Scaleなど)

<ヴォイシングコース> 
特にピアノやギターというコンピング(バッキング)をする和音楽器の武器になったり、管楽器や弦楽器を用モチいたアレンジに役立ちます。
*主な内容
 ・基礎コース事項の確認・復習
 ・Low Interval Limit
 ・Closed Voicing(3way/4way)
 ・Open Voicing(Drop2/Drop3/Drop2+4)
 ・Spread Voicing
 ・Voicing in 4th
 ・Cluster Voicing
 ・Upper Structure Triads
 ・Hybrid Chords



0 件のコメント:

コメントを投稿