2019年5月28日

桁違い

成城の知人のところでお散歩して
「ここ8億のおうち、生徒のおうちです」
とか、
「こことある指揮者の方のおうちで、6億です」
「ちょっと安いね」って、言ってしまった、あなたは誰?

8千万でも6千万でも買えないんですよね〜このへんわ。
と、得意げな知人。
あなたも誰?

わからない桁の違い。

その成城散歩前に二子玉のお友達とランチをしていて、
もちろん二子玉駅前のステキなお店。
彼女は大学時代のお友達なので、ピアノの先生をやりながら
娘を桐朋に入学させた。
っということで、桐朋の情報が入ってくる。

高校入学式からして言われる話が違う。
高校生のメインツールであるSNSの使用禁止。
要するにすでにこの時点で音楽家としての自覚を持ちなさい。
勝手に情報を拡散しては絶対行けません。

レッスンでも、
「演奏家の音源きいた?」って先生に聞かれる。
「はい」
「どれぐらいきいたの?」
「3人ぐらいは聴き比べました」

「一桁違うわね」

そう、ここでもでました。
3人ぐらいではなく、自分の勉強する曲ぐらい30人ぐらいのピアニストを聴き比べて
研究しろと。

自分の居場所が明確になる桁違い( ̄∇ ̄)

2019年5月20日

直してあげたいという気持ち

仕事上でアスレチックトレーナーの方と知り合い、
3店舗目を準備中だという話をきかせてもらった。

コンビニと歯医者とヘアサロン並にたくさんある整体屋さん。
下手したら向かい合わせちゃう?っていうぐらい。

そんな中、スタッフを使って整骨院を開業するなんて、どんな思惑⁈!
っと、疑いの質問しかなかった卑しい人間に返ってきた返答。

スタッフミーテイングの1番大切な理念として、常に
技術も大切ですが、患者さんに対して

『直してあげたい気持ち』で、接してくださいと。
間違いない。

もちろん常に
『上手くしてあげたい気持ち』
でやっている。

でも、その当たり前をわざわざ口に出して、
スタッフとの理念に基本的な当たり前を改めて心しましてん。

そう、以前素晴らしいミュージシャンからもこんな素敵な言葉を聞いた。
『ミュージシャンとして演奏するのも100%、教える仕事ももちろん100%、
半分半分になったらあかん』

人生の最後部を全力でかける仕事に改めて。



2019年5月13日

セルフセッション練習会

サポートミュージシャンに来てもらうことなく、labのピアノの生徒さんだけでセッション練習します。

ベースパートはオルガンで。
ローズはフロント楽器想定で。
ここまでは鍵盤楽器で代用できます。

さてドラムは、、
2.4拍ハイハット踏むだけでもよし。
可能なら右手は1拍ずつシンバルレガート。

趣旨は、他の楽器の気持ちになってみろ!です。

ベースが四分音符をテンポを乱さずスマートに鳴らし続ける事がどれだけ大変か、ドラムが2.4拍ハイハット踏み続ける事がどれだけ大変か、どれだけ神経を使わないといけないか、、を知りましょう!

また、それがキープできないベースやドラムとのアンサンブルがどれほどやりにくいか、普段発表会などでプロのサポートの力にどれほど甘えてるか自覚しましょう!そして自分自身が自力で立てるようになりましょう!

という練習会なのです。
これからどんどん開催頻度を上げていきたいと思います!

その後は食べながら飲みながら懇親会。(写真とるの忘れたぁ〜)







2019年4月26日

ジャズ理論 第2期「コードスケールコース」募集!!

コードスケール、、
そこのコードでどんなスケールが使えるか?、、
というもので、ドリアンとかリディアンとかetc、
そう!奴らです(^皿^)

それ聞いただけで「めんどくさ!覚えられん!」
と拒否反応起こしてしまう人、
そして挫折してしまった人も少なくないと思いますが、、
基本の仕組みさえ理解してしまえば覚える必要はありません!
あとは応用&こじつけでOK!

想像してるほど難しいものじゃないし、普段なんとなく感覚で弾いてるものは実はそのコードスケールだったりします。

そんなコードスケールコース全6回、5/19より開講です!
第1期のこのコースを受講された方にはやはり無料開放しますので復習にお使いください!

お申込みはこちら

*6回講座 90分/1回 
*日曜 ほぼ隔週ペース 10:00〜11:30 (日程は下記)
*受講料¥30,000( 税込み )
 (zing music lab. 会員は¥25,000)

・一括でのお支払いになります。 
・受講には五線紙と筆記用具をご持参ください。 
・1 期目にこのコースを受講された方は無料で受講可です!

第1回 5/19
第2回 6/2
第3回 6/16
第4回 6/30
第5回 7/7
第6回 7/21

*主な内容
 ・基礎コース事項の確認・復習
 ・Approach Note〜Scale Approach/Chromatic Approach
 ・Tension
 ・Church Mode(教会旋法)とDiatonic Chordの関係
 ・Chord Scale〜そのKeyのその曲のそのコードでどんなスケールが使える?
 ・Avoid Note
 ・その他Dominant7th Chordで使用できるScaleいろいろ
  (Whole Tone Scale、Altered Scale、Combination of Diminished Scaleなど)

お申込みはこちらinfo@zing-music.com



2019年4月10日

連弾発表会の収穫

お疲れ様でした!

予想以上の出来上がりに先生はびっくりとともに、発見も!
自分一人でやるより、何とかしないと、してあげないと、足引っ張らないようなどの感情は1+1以上の力を発揮するんだなあ〜と勉強になりました。



また秋にもやろうかと考えているので、みんな選曲してみて下さい。
ベストコンビ賞はみんなに説明もしましたが、トータルでコンビ性が出ていること!
銭形警部とルパンの掛け合いが、衣装に演奏にも出ていたところですね。
何故そうなったかというと演奏内容では先生一人で甲乙つけれないぐらいよかったです。
その内容はサポ活でも話題になりましたが、完成度が不必要なのではなく、優先順位としてはそんなに高くないと思っていて。

昨日みんなもご存知の先輩ママで一回目の発表会弾かなくて怒り爆発親子ですら年数経つとこんな風に見えてくるんだ〜と送ってくれたLineに感動してました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日はありがとうございました!
親子共にホッとしました笑

長女は、4月に入ってから毎日長時間練習していましたが、

長男は、時間の確保が難しかったです。それでもプール朝練、夕練と塾と宿題の合間に、ひと息つく暇があったら練習しろ!!と練習してもらいましたが、なんとなくは弾けてしまうので、その先にはなかなか踏ん張れないんですね。。
こちらが求めるレベルと本人が求めるレベルが違うのかな?

本番で弾き終わってDVD見る前にめっちゃ笑顔で、スッキリしたーーー!と言ってました笑 よかった、よかった!!

長女
ルパンの最後のページ本当に難しそうでした。先生のところにヘルプに行く前に、CDを聞いてリズムを拾ってましたが、全く聞こえず。スロー再生するアプリも入れてみたんですが、聞こえるのは佑進のパートだけ笑
ほんとに苦戦しました。
ギリギリに先生にヘルプを出すのはちょっとイヤだったみたいですが、先生のところに行ったらほんとに、難しいですが、ちゃんと練習できるようになりました。ほんとにすごいです!!

今回の内容を見て、
ほんと上手になったよねーって言ったら、先生にも言われたーって言ってました。
身体のノリ方もそうだし、指の力の入れ具合とか、ほんとに細かいところがすごくレベルアップしました⤴️

昨日の夜、ジャズの音源を聴いて、もうやる気でしたー。
また楽しみにしています!ありがとうございました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

やってできないところはヘルプ!!って先生を求めてください。
やれるようになってきたところをみて褒めてあげてください。
そしてもっと前に進みたい!という気持ちを育ててあげてください。

全チームの連弾で得た力を一つ一つ語れるぐらい、今回の成長もびっくりです。
だから私一人では演奏内容の甲乙はつけれないなとなり、銭形警部とルパンのコンビはトータルで優勝!となりました。

さ!あと3ヶ月次への目標に向かって、また立て直していきましょう!
『ピアノパーティ!』


2019年4月3日

単純おバカなmen's3連発

だから大好き単純なmen's!!
カッコよくなりたい!
が仮面ライダーになってる感覚ぐらい単純に妄想できたりするから、自分の姿。

間違えるとか、
できてるできてないとか、
そんな小さな自分に向けてだけの小さなハードルなんてサクッと超えて、
かっこいいかどうかだけでチャレンジしてしまえるバカっぽさが、彼らを成長させる。

上手くなりたいなんて誰でも思えることで、その前提にかっこよくなりたい!
ってやつは本当にかっこいい!!





2019年3月22日

zingのまかせてkidsクッキング

腹の底にある願望はともかく、
彼らの目は100%の吸い込み度。

よそ見することなく、これ混ぜ混ぜして炒めてねって
先生が言うと、
ずっと混ぜ続ける。
もういいかな〜とか、どこまで混ぜたらいいのかな〜っという
大人に近づくにつれて養われる雑念はまだ無い。
一生懸命混ぜる。

イチゴに砂糖かけて混ぜるだけでも
チンしてシロップになってからでも
玉ねぎ、ピーマン、ウインナーを炒めるだけでも。

目で見て、自分の手で作って、自分の作ったものを食べる。
全員、5歳も、ピーマン嫌いも、フォーク使いが苦手な子もお箸で、

完食!

お料理って永遠シリーズの一つだといつも思う。
いくらでもネタがあって、
計り知れない出会いからの組み合わせもあり、
様子を見る、からのタイミング。
予想以上の出来栄え!美味しい!!
予想とは違う味、あれ......

そして再びチャレンジ。
自分がやるから自信になる。

永遠シリーズの『お料理』って
永遠シリーズの『音楽』と
永遠シリーズのたくさんの『出会い』で成長する子供達の
壮大な吸収力を拝借して、
搭載させておきたい大人の思惑( ͡° ͜ʖ ͡°)












2019年3月18日

Jr. LIVE

去年
夏期講習から、覚えたコードを分解しバラしてad.libってなもんに挑戦しよう!企画をレッスン。
織り込んで、これがまたなかなか手強く。
左手はバッキングするので、右手は完全swingしてくれないと両手バラバラ。
右手に対して頭使ってると、左手入ってこれない。
こんな曲芸ちっく事に、みんな挑戦中。
やはり、頭の比重重いのは年齢上にいけばいくほど。
小さいのは意外にも頭とからだのバランスでコマなし自転車初乗りぐらいの要領でなんとかやりだす。
なかなか面白いお姿。笑笑


2本立てLIVEは本当は1月のLIVEメンバーだったけれど、海は直前にインフルにかかり、真帆は怪我の手術という思いがけないアクシデントから、延期になり昨日。
1回準備してたからもう弾くだけのはずが、学年末試験明けからの弾丸追い込みで、ふたりとも毎日スタジオ通い詰め。

なぜ今?!
しかもやり始めるとこの年齢ならでは、火がつく集中力で、5日前二人とも、もう1曲増やすっという意気込み。
始めっからヤレよ!って話。

海はMC無理〜と言いながらも持ち前の明るさで、いろんな趣味の話を織り交ぜつつ曲を進める。
ひとり旅が好きでいろんな旅の話。。
お父さんの勧めで始めたサーフィンの話、お父さんがそれを聞いてる。
何より大好きなLEGOの話。
そして、緊張だけではない少し楽しんでいる感じがこちらにも伝わる。5曲のレパートリーで30分のミッションをクリア。

真帆は喋れないからとクラシックソロも含め7曲用意した。
クラシックはボロボロになったから入れなきゃよかった〜とボヤいていたけど、
あなた、初発表会、ドレスまで着せてもらったのに泣きの涙で結局弾かなかったじゃん!ってことも忘れてるぐらい、ソロ演奏に挑む成長がサポーター両親からしたら泣けるほど嬉しい成長だよ。

海は大学受験のためピアノとは一旦お休み。
そこは趣味というわけにはいかなうだろうから本気でやるしかない。
先生は応援あるのみ。
真帆はここからがJAZZなんだとこんなに貯めてきたレパートリーで気づいたはず。
自分と戦いながらコツコツ積み上げたレパートリーが教えてくれたこと武器に、ad.libという、次の自分との戦いが始まるねんな〜

こうやって成長してくる子供達がまた春から。

かわいくてしかたない。

一区切りに浸ってはいられない。






2019年2月25日

オプションピアノ

そういうことか〜と思うことをまとめてみようかと、
思うほど、半世紀生きてからわかったりするもんなんだ。

そして、生きた半世紀携わるピアノって、
私自身が目指していたのは、
そう、

『オプション』だったんだ。

今更弾いてどうするねん、
っと自分に突っ込みながらも

弾いてしまう。
練習してしまう。

音楽の道を目指してるわけでもない人間に
死ぬ気で、
本物の音楽を求め、
追求させて指導してしまう。

でも、そう。
本物の
『オプション』
を目指してるからだ。

主婦だけど
ピアノが弾ける。

バリバリ運動部だけど
ピアノが弾ける。

難関受験に向けてめちゃくちゃ勉強してるけど
ピアノは練習する。
実際灘中高生のクラッシック部の演奏ったらハンパない。

でも、ピアノが弾けるでは、効果薄くて、
アッタマめちゃくちゃいい灘中生なのに本物のピアノを弾く。
からカッコいいんだわ。

おばあちゃんだけど、本気でブラームス弾くから、
孫に付き添ってきてるおばあちゃんだけど、コードを覚えてスタンダードをなんちゃってで弾くのではなく、swingしようとするから、

ほぼほぼピアニスト志望ではないけど、将来何になろうかな〜と夢いっぱいの子供達だから、

『オプション』のレベルアップは相当きついけど、きつければきついほど
『オプション』の性能は上がる。

オバハンだけどバリバリ弾けたらかっこいいやん!で、
まだまだ人生乗り切らな!


2019年2月15日

Rhodes、自力で修理(備忘録)

あら?Rhodesのドが鳴らない!!
えっ?いつから?、、
そんな事より何故?焦る。
と、蓋を外し中を見ると、、

お、折れてる、、
ピアノでいうところの
弦にあたるパーツ。


マニュアルを引っ張りだし
ふむふむ。。
 これなら自力でできるかも!
とやってみることに。



この直方体の金属ブロックに刺さっているピン、

 ストックの中にバッチリの長さのものがあり、

この部品のネジが固まって、
なかなかトーンバー(金属板)から
外れなかった事を除けば
難しい作業ではありませんでした。

あとはピンに巻き付いたコイル
のようなものを前後させて調律。


治った!!
これで問題なく使っていただけます。
よかった〜〜!!



2019年2月7日

ものすごい勢いのちっちゃい年長男子

「今日パンチュはいてないねん〜」

って、ピアノの椅子に座るやいなや。

「えっ!‼️」
「うそ〜〜〜〜〜」

って。

なめとんのか______い!!

足台いっぱいに上げても足短すぎて届かないから、
「これ、なんか足で踏むマークやろ」
っていうけど、補助ペダルですら、つま先しかとどきませんわ〜

のくせに、バイエル後半、曲っぽくなってきたとたん、
ものすごい勢いで、これもやった、次もやった、
ちゅめで弾いた!
って、ぶっ飛ばしてくる。
「オレ、一人でお留守番させられたから、先にピアノやっといた」
「でも、ピンポンきても知らんぷりせなあかん、弾きちゅじゅける」

今年のピアノパーティーはC Jam Bluesでもやるか〜〜〜




2019年2月6日

初「アンサンブル*ラボ」備忘録

参加者:7名

題材にした曲は主に:
・All Of Me
・Autumn Leaves
・Day By Day
・Fly Me To The Moon


*出だしのテンポと終わりのテンポを測る。テンポキープの意識。

*ベーシストが自分自身に課した課題「1拍目はルートを弾かない!」に便乗し、ベースとボーカルデュオ。如何にルート頼ってるかが露呈^^;

*2小節毎に、アドリブ(スキャット)を回す。但し前者のモチーフを真似る(又は少し展開可)。手癖口癖禁止に効果有り。

*ラスト30分はザ・セッション!でフラストレーション解消〜!!

と、初めてにしては有意義なラボになったと思います!(^皿^)v


2019年2月5日

火曜は「アンサンブル*ラボ」に生まれ変わります

セッションではありません!
今の自分のアンサンブルスキルを上げるための練習会・研究会です!

黙々とぼっちで練習している人も、アプリやマイナスワンで練習している人も、アンサンブルというものを生身の人と一緒に練習しましょう!

また、すでにアンサンブルに慣れている方にも是非来て頂きたい!そしてアドバイス側に回って頂きたいのです。
的確なアドバイスをするためには注意深く聴いておかないとできないと思います。そしてどう伝えるか?それ自体が経験者の貴方にとってもアンサンブル練習になると思いませんか?

練習アイデアも少しずつ出てきてます。
・敢えて同じことを繰り返す。繰り返すために自分のプレイしたことを覚えておく。
・スタート時と終了時のテンポの確認をする。
・アドリブはコードトーンのみ!などの条件をつけて手癖口癖を禁止する。
などなど、参加される皆さんでアイデアを出しながら、試しながら、練習したいと思います!

一応月間課題曲なるものを挙げておきます。
・All of Me
・Autumn Leaves
・Day By Day
・Fly Me To The Moon
・Just Friends
2月はこれらの曲を題材として練習を進めたいと思います。
かといってこれらの曲ができないと参加資格がない、という事ではありません。
なんせ探り探りやっていきますもんで^^;



2019年1月28日

gallery zing スタッフ募集!!

業務内容はライブやその他イベント時の受付、簡単な調理を含むキッチン業務全般。(カウンターでのキャッシュオンデリバリー方式です。)

当店のライブは月平均8〜10本。

特にジャズを勉強中の学生さん、オススメです!
プロの演奏が聴けるし、隙を探して積極的にミュージシャンとコミュニケーション諮りましょう!

興味ある方、詳細や条件は気軽にお問合せください!
078-413-4888 (担当 谷田)






2019年1月27日

ほんとうにやりたくなる時

やらなければいけないと思ってやる事も大切なんだけれど、
同じことをやりたくなった時にやると
こんなにも吸収率が違うのか?!って。

中学時代に音楽の授業で教えられた時には
めんどくさい極まりなかったであろう、
メジャースケールとは、全全半全全全半
意味わからん!ってか、意味ある?!
ってことが、

何か次のステップに踏み出したい!
っと思った奴の
大ヒットネタとなる。

そうかーこのシステムに当てはめるだけで
ドレミファソラシドと聞こえて、
シャープやフラットが増えてきて、
キーがわかると、近親調調なるものに転調する意味がみえてくる。

なんで分数コードというものがあるのかがわかると
音楽の流れが体に染み込むように入ってくる。

同じCコードがメジャーとして感じるところと
ドミナントとして感じるところは
頭で理解して聴くと腑に落ちて印象がさらに明確になる。

と、DJをやってる甥っ子の真剣さを見て
やっぱりやりたい時にやる奴は
いつ何時でも応援したくなった。




2019年1月18日

火曜「Pre-Session」について重要なお知らせ

毎週火曜に開催しておりました「Pre-Session」は1月をもちまして一旦終了とさせていただきます。

2月より新たに火曜「アンサンブル*ラボ」として始動致します!

Pre-Session=セッションに挑む前段階の練習会というコンセプトで行っておりましたが、有難い事でもあるのですが練習というより順番を回す事で精一杯になる日も増えてきてしまいました。

今一度初心に戻りつつ、今の自分のアンサンブルスキルを上げるための練習会に特化させたいと思います。

もちろん今まで参加くださってた方々、そして初心者の方々も大歓迎!

参加者各人が「アンサンブルをする!」事に意識を置き、意見を言い合い、アドバイスをし合って高みを目指す!そんな火曜日にしたいと思います。


以下のように進行していきたいと、備忘録兼ねて記しておきます。

・ジャズのスタンダード曲、またはジャズセッションとして成立する曲に限る。

・その日の参加者で即席バンドを結成
 ↓
 何の曲を演奏するか相談
 ↓
 バンドとしてのアンサンブルクオリティを上げるために意見し合いながら練習

・その日の参加者により編成はその時々。

・参加者の人数によっては複数のバンドを作り対バン形式で。


・課題曲のコード進行(オリジナルキー)は最終的にメモライズ。

・ボーカリストは歌詞を最終的にメモライズ。


・そのためには事前に月間課題曲(複数)を告知しておいても良いかも。

・発表会対策、ライブ対策として練習したい場合は早めの時間に。

あとは参加者の皆さんと共に考えながら、火曜「アンサンブル*ラボ」を育てていきたいと思いますので、ご協力のほど何卒よろしくお願い致します!



2019年1月11日

2019年 新規受講生 超絶賛募集中!!

年が明けた2019年!今こそ始めませんか!!
全クラス、特に大人の受講超絶賛募集中です!

・ジャズピアノ
・ボイストレーニング&ジャズボーカル
・ジャズオルガン
・トランペット
・バイオリン(クラシック)
・ベース
・ドラム

下記youtubeチャンネルにレッスン動画をアップしていますので参考にしていただきつつ、是非、無料体験レッスンを受講してみてください!



無料体験レッスンお申込みはこちら
info@zing-music.com
078-413-4888




2019年1月10日

ボーカル<ジャム>セッション

隔月に1回ペースで開催しているボーカル限定セッション。

ただ歌って終り〜
ってのがおもしろくないので、
手を変え品を変えいろいろ試みながら、
今のいい感じのボーカルセッションになってきました!

特に後半のボーカルジャム!
たとえむちゃくちゃでも構わないからまずはスキャットする!
そして次の人にスキャットを回す。

慣れてきた頃に木下氏がおもしろいモチーフを投げ掛け、
更にどんどんリハモナイズ(コードを替える)でコンピング、
そしてニヤニヤしながらトリックを仕掛けてくる!

それによって、
コーラスというフォーマットをちゃんと守って次の人に受け渡しね〜!
という課題が見事に粉砕!爆

終わってから木下氏「今日は僕、伴奏しに来てないからね!戦いに来てるから!笑」
(木下氏、見事に僕の理想を汲み取ってくれてます!笑)

そんな盛り上がりもあってか、ハートフリスト両氏を交えたアフターも皆さん熱かったです。

さっきのトリックの種明かしを実演交えてしてくれ、
だから伴奏に頼ってるだけじゃダメ!
自分自身でしっかりフォーマットをキープし続けないと!
と改めて皆さんそう思って燃えてました。

更に高みを目指したい人の集まりはこちらもパワーがいただけてヤル気になります!

次回は3/20(水)に決定!
同じく木下孝朗・むねたけまさひろのハートフリストです。
このコンビに戦いを挑みにきませんか!笑






2019年1月4日

2019 謹賀新年

明けましておめでとうございます!

昨年2018年galleryは、実に83ライブ、延べ244名のミュージシャンにご出演いただきました。その他ワークショップやセッション、イベントなども含めると、お客様も含めどれだけの方々にご来場頂いたかわかりません。

そして音楽教室でのlab部門。
兄弟の0歳から、実際にレッスン受講してる3歳〜大人、シニア、そして発表会を観に来てくれたお爺ちゃんお婆ちゃん、友人まで全部入れると本当に老若男女何人の方々がzingという場所にきてくれたんでしょ?

活気を与えるためのzingは、実はそんなたくさんの人から活気を与えてもらってたんだと改めて実感しました。ありがとうございます!

2019年も更に活気付きたいと思いますので、皆様、本年も何卒よろしくお願い申し上げます!