2018年10月18日

zing music labのジャズレッスン動画 ①

*ジャズピアノ レギュラークラス 40代男性

Hank JonesのSwing Feelの「Four」をコピーした上で、それをBossa風のFeelに換えて弾いてみる。



*ジャズピアノ レギュラークラス 40代女性
隣で先生が歌ってくれるとSwingの感じがちょっとわかってきてやりやすいですね!



*ジュニアレギュラークラス 小学5年生のジャズレッスン
Swingには大きく分けて2feel(2beat)と4feel(4beat)がありますが、その違いが出せる?出せない?苦戦中〜〜!!



*ジュニアレギュラークラス 小学1年生のジャズレッスン
小学1年生でもう既に7thコードのコードワーク。
Cycle of 5thの順に弾いていきます。
小学1年生にとってはコードネームですら英単語。
口で言いながら弾くのは大変なんです。



*ジュニアレギュラークラス 中学3年生のジャズレッスン
パフォーマンス イヤートレーニング
その場で聴き取って即座に再現します。



2018年10月16日

男ジャズ!ボーカルコンテスト本選出場者決定!!

第1回(第2回はあるのか^^;)
gallery zing プレゼンツ
「男ジャズ!ボーカルコンテスト」
見事!10名の本選出場者が決定いたしました!!

伊勢 和弘
板倉 準
井筒 K
神崎 祐一
北橋 昇
鈴木 健仁
武田 雅宏

マサ 谷村
村上 和史
Y・Y

(五十音順・敬称略)

本選は12月9日(日)13:00 gallery zingにて!

当日は以下の様な選考方法で行います。
たのしみですね〜!!

・ご来場時に演奏順を抽選 
・セッション的要素、ハプニングが起った時の対応力等も審査対象としますのでリハーサルはありません。
その場でサポートミュージシャンに譜面を渡し進行を伝え、演奏していただきます。
(最高のパフォーマンスを出すためには、明確な譜面と的確な指示が重要とされます。) 

・<1 巡目>は主に歌唱力を審査します。
バラード等ゆっくりな曲、または 1 コーラスが長い曲は間奏含め合計 2 コーラス以内。
それ以外の曲は合計 3 コーラス以内。いずれもバースは任意。 

・<2 巡目>は主にセッションでの対応力を審査します。
スキャットしたり、あるいはスキャットで 4 バースをしたり、存分にハプニングを仕掛けて頂いて構いません。 



本選出場者に入場チケットが3枚付いておりますので、実はそれだけでgallery zingはほぼ満席となってしまいます^^; 観戦ご希望の方はできるだけお知り合いの本選出場者様からお買い求めくださいませ。
まさかの想定外で、この本選を観たい!と希望される方が殊の外多く、さてどうしたものかと悩んでおります。。。


レッスン動画 ジュニアピアノクラス 小学1年生

小学1年生でもう既に7thコードのコードワーク。
Cycle of 5thの順に弾いていきます。
小学1年生にとってはコードネームですら英単語。
口で言いながら弾くのは大変なんです。




レッスン動画 ジュニアピアノクラス 小学5年生

ジャズピアノ ジュニアレギュラークラスのレッスン動画です。小学5年生!
Swingには大きく分けて2feel(2beat)と4feel(4beat)がありますが、その違いが出せる?出せない?苦戦中〜〜!!




レッスン動画 ジャズピアノ 40代女性

ジャズピアノ レギュラークラスのレッスン動画です。40代女性!
隣で先生が歌ってくれるとSwingの感じがちょっとわかってきてやりやすいですね!




レッスン動画 ジャズピアノ 40代男性

ジャズピアノ レギュラークラスのレッスン動画です。40代男性!

Hank JonesのSwing Feelの「Four」をコピーした上で、それをBossa風のFeelに換えて弾いてみる。





2018年10月7日

モンゴル松尾Silck Elite 2018秋ツアー

ギターのシゲさんが歳上の同期生というだけで、
うわっ!
オッサンだらけのバンドやな〜
と思ってたら、、

なんと!
絶妙にお互いにスキマを与え合い、
そしてそのスキマをセンス良く縫っていく、
オトナの色気満載のJazz Funk、R&B。
B3もRhodesも鳴らされまくりで感無量でした!
また来て欲しーい!!









<こちらzing music lab.紹介PV ↓>





2018年10月2日

男ジャズ!ボーカルコンテスト 応募締切りました

↑と企ててみたものの、

本当に出場したい男性ボーカリストっている??
と、実はかなり弱気で不安でした。

そして応募期限9月30日を迎え、
これで締切り!!!
とさせて頂きますが、

超多数の、、

とまでは言えないものの多数の応募を頂きました!!ありがとうございます!!!
正直、驚いています!!

しかしながら、
10名を越えていますので、
これから厳選なる音源審査を行わねばなりません。。

応募していただいた皆様には1週間〜十日を目処に通知致します。
審査結果をお待ちください!

そして12月9日(日)の本選をお楽しみに!!!!








<こちらzing music lab.紹介PV ↓>



2018年10月1日

ジャズピアノ、どんなレッスン?

ギャラリーができてからそっちの投稿が多くなってたので、
いやいや教室も元気にやってますよ!
と、ちょっとPVを作ってみました〜!

詰め込みすぎで「長い!」と言われましたが、、
是非観ていただきたい!



ショートバージョン(20秒はこちら)↓


そんなzing music lab.は現在、

JAZZを専門にした
・ピアノクラス
・ベースクラス
・ドラムクラス
・オルガンクラス
・トランペットクラス
・ボーカル&ボイトレクラス
・ジャズ理論クラス

そしてClassic専門の
・ピアノクラス
・バイオリンクラス

いずれも
子供から大人まで、
初心者からプロを目指す人、
あるいはプロ級の人まで対象です。

また、
JAZZリトミックも行っており、
ジュニアの個人レッスンへの導入にも対応しています。



さて、JAZZって、、?

自由にアドリブして、
他の楽器の人と音で会話をする、
いわゆる
「セッション」
する事が醍醐味の一つなのですが、


じゃあ、JAZZのレッスンって、、?

例えば、
大人で、ある程度楽譜が読めて少しピアノが弾ける人が初めてJAZZピアノを習いにきた場合。

「JAZZを弾く= 英語を喋る」に例えてみましょう。

その1
まずは単語を覚える!= コードを覚える。
文法なんて要りません!とにかく単語を覚えて並び立てれば良いのです。

その2
発音。
いわゆるイントネーション = JAZZのノリ(リズム)
単語を並び立ててもカタカナ英語じゃ残念ながら通じないのです。
逆に、簡単な単語だけでも発音さえちゃんとしてれば会話が成り立つ = アンサンブルが成立する!


zing music lab.ジャズピアノクラスでは、
ジャズ人とジャズ語で自由に会話ができるようになるため、この2本立てを柱にレッスンを進めています。

そうなんです、JAZZって今までのように楽譜を弾く音楽とは別物なんです。
だから難しい事も確か。

じゃあそれは無理かも、、と思われた方!
楽譜に書き起こされたJAZZの曲をJAZZっぽく弾いて楽しむ、、というのも音楽の楽しみ方の一つだと思うので、zing music lab.ではそんなレッスンにも対応しています。


JAZZに興味があった!
とか、
チャレンジしてみたかった!
とか、、

まずは
無料体験レッスン!!

受けてみませんか?
随時受付中です!!




2018年9月13日

メトロノーム

このところみんな全く仲良くなれない!と
ブーイングの嵐。

メトロノームは自分に合わせてくれない思うようにならない相手から悪戦苦闘の末、最終いっしょに歩き出せた時に初めて仲良くなれる。

まず、
カチカチコチコチ鳴ってる中に、
さあ、どのタイミングで入るか。

様子を伺うものの入った瞬間に自分のペースが怪しくなる。

そしてだんだんケンカ越し。

聞いてよ!
というメトロノームに
合わしてよ!
と弾き続ける。

メトロノームのカチからカチまでに2個入れたい(8分音符)ならまだ見えやすいけど、同じ大きさで4個入り(16分音符)となると、かなり不揃いが露呈される。
一度その不揃いを放置したところで怒涛の不揃いの追い討ちに襲われ、イラっ!てな感じ。こんなケンカを毎日毎日。

しかも、クラシック練習するときは4拍目で波がうねり1拍目に落とし込む。
JAZZで合わせる時はこの1拍目がちょうどスウィングする波のいい感じ拍で、2拍目にメトロノームがガッツリ落ちてくる感じ。

これが逆になるから音頭になる。
ダサい!

同じメトロノーム音が感じ方でまるっきり違って聞こえる。

でもちゃんと自分が分かっていれば仲良くなれる。
仲良くなるために頑張る。

メトロノームはいつも同じ。
自分がどうしようとしているのかをよく考えてみればとっても仲良くなれるのです。

仲良くなれた頃にはメトロノームは体の中にいる。

仲良し〜(๑>◡<๑)
こんな顔でやってくるまでもう少しだね〜。








<こちらzing music lab.紹介PV ↓>