2018年7月16日

コピーアドリブの左手バッキング

まだまだ自分でアドリブ考えるなんてできないけれど、テクニック的にはどんどん弾けるようになり、Hampton Hawes様やHank Jones様、トドメはOscar様のコピーをしようと毎年コピーレパートリーを増やす小、中校生達。

最近ではどんどん低年齢化して、コピー譜があれば小学低学年でもまーまー弾くには弾く。

そこには左手のボイシングも書いてあげて、どのタイミングで弾くかはまず1.3拍を食って入ることをまずやってみる。

それがなんとか数曲やってるうちに、そのお決まり左手に面白みがないことに気づき、なんとかしたくなる。

そこでバリエーションパターンをいくつか提供し、やってみる。
正解は1個ではないので、どれを選んでいいのやら…
これはもちろんセンスではあるんだけれど、ある程度パターンを積み明かさねていくと、子供なりに、
あー!と言い出す。

そしてそうなってくるとトップスオシャレにしようとイキっていい感じのヤツを着てるのにお決まり左手ではまるで、体操ズボンに見える。

パンツじゃないからいいっちゃいいんだけど……いいか?!!!

イキったトップスがアホらしくならないか?

そしてそれに気づいた中学生が
『恥ずかし(*_*)』となり、

必死でコーディを考えながら一緒にレッスンしてると本当に楽しくなってくる。
まるでショッピングしてるみたい♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

2018年7月5日

第2期 ジャズ理論 受講者募集!

昨年3月に「ジャズ理論講座の為の意見交換会」を行い、
その意見を参考にしつつ(?)、
同じく昨年5月より一年強に渡り、
4コースの「ジャズ理論クラス」を実施してきましたが、
残すは2回で全行程終了となります!

延べ40名(各コース平均10名)が受講されましたが、その中には特定のコースだけ受講された方もいれば、全コース受講された方もいます。

プロ、アマ混じって、

楽器別なら、
鍵盤楽器10名
ボーカル5名
管楽器2名
ギター1名
ベース1名

初めてジャズ理論に挑んだ人もいれば、
一通り知ってたつもり。でも、、確認兼ねて、という人も。

知ってたつもりの点と点が繋がった〜〜!!
と言われたのは嬉しかったですねー!


さて!そんなわけで、、
詳細はこちら↓
http://zing-music.blogspot.com/p/blog-page_5.html


まずは<基礎コース> から。

ジャズ、ポップス他音楽ジャンル関係なく、楽器、歌関係なく、全てのミュージシャン に共通で必要最低限の知識、 いわゆる「音楽通論」。 とジャズ理論への導入。

*主な内容
 ・Major Scale(長音階)とMajor Key(長調)
 ・Cycle of 5th(5度圏)とMajor Scale(長音階)とKey Signature(調号)との関係
 ・Intervals(音程)とLow Interval Limit
 ・Chordの種類とその構成音→コード表作成
 ・Major KeyにおけるDiatonic Chord〜主要三和音〜カデンツ
 ・Diatonic内での代理〜Diatonic内でのリハーモナイズ











2018年7月2日

五十嵐一生&後藤浩二Duo Live & クリニック

二人でキャンパスに絵を描くように、色を塗り重ねていくように、いつも音楽聴いてる部位とは違う部位を刺激されたような感覚でした。

そしてバンドクリニック。
これもまた今までにない、演者から何かを引き出すように五十嵐氏自らピアノも弾くわスキャットもするわで、なかなか濃かったです。


オルガンで参加

ピアノで参加

歌で参加

オルガン弾きが何故かスキャットする
という訳の分からないことになってみたり、、





打上げに清水興さん現るとか^^;

2018年6月21日

今月のJAZZリトミック

今月のThemaは『星』

チコ先生とマオ先生のタッグで、選曲に盛り上がってます。

先月から2ビートと4ビートを体で感じてみよう!といろんな遊びも踏まえて挑戦しています。今月はどんな曲かなー(*゚▽゚*)

そしてここ数ヶ月で劇的にママやパパのバックマラカス隊もレベル上がっております!
なかなか難しいのですが、マオ先生のピアノ、チコ先生の歌にスウィングしてくるマラカス隊(๑>◡<๑)

この調子で家でもシャッカシャッカやっちゃってちょーだい!

トントントントンアンパンマンもそのマラカス隊のお陰でスウィングしております!
ナイスサポート♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

6月24日(日)
・1〜2歳児クラス 10:00〜10:45
・2〜3歳児クラス 11:00〜11:45
受講料¥2000 (初回無料)

2018年6月20日

クラシック交流会

演者、応援隊、共に皆様ありがとうございました!
初回にてノープランで挑みましたが、時間延長するほど話も尽きず、アイデアもいろいろ頂きました!
この交流会も継続させていきたいと強く思いました!
皆さまよろしくお願い致します!!







2018年6月17日

JAZZ食堂

野菜がこんなにクローズアップされることってあったでしょうか!?
神戸西区の野菜とジャズのコラボ!
気がついたら酔っ払いもコラボしてた、、っていう^^; 迷惑だったかもしれませんが。。

次回の期待が高まるジャズ食堂となりました。乞うご期待!!







初企画朝採れ野菜を使ったメニュー

・焼きトマトのカレーふりかけ?

 ・トマトとバジルのブルスケッタ

・お豆と野菜の季節のライスさらだ

・ブルーベリーとバナナの米粉クラフティ



お客様から、これはどうやって作るの?
というお声を多々いただき、
直接料理長に聞いてもらった方はいいんですが、

聞けなかった人の為に特に人気が高く、
料理長が簡単だからとメニューを公開してもらいました〜!

皆様是非チャレンジしてみてください!
そのほかのメニューも詳しく聞きたい方はお問い合わせください(*゚▽゚*)

次回も乞うご期待( ̄▽ ̄)


【ライスさらだ】

硬めに炊いたご飯に塩、レモン、ワインビネガーか米酢で味をつけてからオリーブオイルを混ぜる。今回の香りはブラックオリーブみじん切りとオレガノ。塩揉みしたきゅうりと下ゆでブロッコリーと茹でたひよこ豆、ハムを小さな角切りにして混ぜたらできあがり!
ではなく、隠し味はマヨネーズ。誰も気づかなかった割と大量粉チーズが入っております。
隠し味は見えてはいけません笑笑

2018年6月16日

JAZZ理論

ちょっとかじると知らない事が山のようにある気がするから、おいそれと首を突っ込むわけにいかないJAZZ理論。

それでも何かの機会に覗いて見たくなるJAZZ理論。

なぜかというと、
何故か知っているとカッコいい気がする。

経済知識と同じで、
ちょっと知ってると何か見えてる人間のように見えたりなんかする。


しかし、
JAZZ理論を多少知ったかして語って見たりすると、すごい知ってる気がされてしまうから、本当に解っておかないと、どんどん入ってこられた日にゃ、知ってる度合いがバレて隙あらばガンガン押さえ込まれる。

って、誰と戦ってるねん!
自分やん|( ̄3 ̄)|

そう、
明確に解って、
解っている人と会話として通じるには、
自分が納得しておかないと。

そんな人は私以外にいるもので。

音大生でもない学生さんであったり、
先に何かが見えているのか、自分の音楽を上げていこうとすると人であったり、
音楽を職業としてもちろん既に活躍されているとしても、更に自分の納得を明確にしていこうと、理論の裏付け的なとても面倒な作業を自ら挑むこの人達。

どないすんねん!そんなに知ってW(`0`)W
って背後から言ってやりたくなるけれど、

わかってる奴はやっぱりかっこいいナァーーーーー(*゚▽゚*)

あの人、エルメスのバッグ持ってかっこいいナァーーーーー!
とは違う系ƪ(˘⌣˘)ʃ





2018年6月15日

ジャ談活 vol.4

独り飲み、サシ飲みにならず済んだ。
毎度の顔ぶれと、
レッスン終わりの講師と生徒さん、
そして「活」師匠も前回に引き続ききてくれて、
写真の撮り方も教わりました。


次回は7月2日(月)を予定しています!



2018年6月14日

ボーカルクラス始動!

いよいよ始まりました!
東かおる氏によるボーカルレッスン!



クラシックの歌唱法を取り入れたボイストレーニングを用いつつ、アメリカ英語発音、ジャズ理論、スキャット、マイクテクニックなどジャズボーカルに必要な総合レッスンです。
http://zing-music.blogspot.com/p/blog-page_46.html

興味持たれた方はまずは体験レッスン!いかがですか?
info@zing-music.com